Hatena::Groupxn--272ax3f

About Face 3輪講Chapter13

About Face 3輪講Chapter13

プレゼンテーション

メタファ、イディオム、アフォーダンス

現実世界のメタファに基づいたデザインには限界があるし、問題もある。

インターフェイスのパラダイム

UIコンセプト、ビジュアルデザインには主に3つのパラダイムがある

  1. 実装中心
    • 動作の仕組みの理解を基礎とする
  2. メタファ
    • 直観的な仕組みを基礎とする
  3. イディオム
    • 仕事の進め方の学習を基礎とする

実装中心のインターフェイス

  • 作りやすい
  • エンジニアは満足する
  • ユーザーは知識を増やしたいのではなく、製品をうまく使いたい

cf. 企業の組織構造に従って構成されたWebサイト

メタファ的なインターフェイス

  • インターフェースのビジュアルな手がかりと機能をユーザーが直観的に結びつける
  • 実際上に評価されている
  • 直観は類推によって作動する
    • すでに持っている知識とメタファとして使われているものの結びつけ
    • 結びつけは言語、知識、類推力、すなわちユーザーの頭脳に依存する
メタファの限界
  • スケールしない
  • ユーザーとデザイナの文化的背景に違いがあると通用しない
  • 初心者の学習には効果があるが、中級者になったときそれに縛られる

直観に合理的思考は必要とされない

直観、本能、学習
  • 直観は、意識的に学んだことと本能的にわかることの中間領域
  • 新しい経験と学習したことの比較

ゴミ箱アイコンの意味を直観できるのは、ゴミ箱の使い方を(直観ではなく)学習したから

イディオム的なインターフェイス

  • 熟語、慣用句。比喩ではない
  • 直観ではわからないし、意味も説明できない
  • 人間は大量のイディオムを簡単に学習し覚えられる
GUIは大部分がイディオム

これらが強力に働くのは、現実に存在するからではなく、イディオムとして学習できるから

優れたイディオムは一度で学習できる
  • 人間は多くのことを理解抜きで学習している
    • 社交的なやり取り、メロディ、ブランド名、家やオフィスの家具、人の顔を覚えること
  • イディオムには学習が必要だが、学習は簡単
ブランドとイディオム

http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/b/b5/Radioactive.svg/100px-Radioactive.svg.png

メタファのさらなる限界

優れたメタファを探す

  • プリンタやドキュメントなど物理オブジェクトメタファは簡単に見つかる
  • プロセス、関係、サービス、変換のメタファは見つけづらいし、ないかもしれない
  • コンピュータは人間では処理しきれない問題を処理するので、人間が簡単に理解できるような類推には本質的に不向き

グローバルメタファの問題点

Macメタファ

イディオムの構築

マニュアルアフォーダンス

ノーマンのアフォーダンス
「ものの見かけ上の性質と本当の性質、特に、ものがどのように使えるかを決める根本的な性質を指す」
この本でのアフォーダンス
「ものの見かけ上の性質と本当の性質、特に、ものがどのように使えるかを決める根本的な性質を指す」

マニュアルアフォーダンスのセマンティックス

  • マニュアルアフォーダンスからは、何をすればいいかはわかるが、何が実行されるかはわからない
  • コントロールが意味を持つためにはテキストかアイコンのラベルが必要、あるいは実験か訓練かで学ぶ
    • 本能や直観ではなく、経験が頼り

アフォーダンスに対するユーザーに期待に応える

アフォーダンスに対する期待をイディオム化するようにする

e.g. CDの再生ボタンとマクロの実行ボタン