Hatena::Groupxn--272ax3f

About Face 3輪講Chapter8

About Face 3輪講Chapter8

プレゼンテーション

優れたデザインの原則とパターン

インタラクションデザイン原則

  • 振る舞い、形態、内容の問題に一般的に適用できるガイドライン
  • 原則 = 価値に基づくルール + 経験
  • 価値の根本はテクノロジが人間に奉仕する

インタラクションデザイン原則のレベル

  • デザインの価値観 (この章で詳しく)
    • デザインの効果的・倫理的実践のための原則
  • コンセプト原則 (#3,9,10)
    • ユーザーのコンテキストで製品の位置づけを決定するための
  • 振る舞い原則 (#8-20)
    • 製品がどのように振舞うべきかをまとめたもの
  • インタフェースレベルの原則(#13,14, Part I,II)

振る舞い原則/インタフェースレベルの原則

  • 目的はユーザー体験の最適化
    • 大抵は省力化 ( 娯楽では適切なバランスの仕事 )
  • 認知上の負荷
    • 製品の振る舞い, システム構造の理解
  • 記憶の負荷
    • コマンドの起動手段など
  • 視覚にかかる負荷
    • 画面のどこを見ればよい?
  • 物理的な作業

デザインの価値観

  • 倫理的 [ 思慮深い / 役に立つ ]
    • 害にならない/状況を改善
  • 目的的 [ 役に立つ / 使える ]
    • ユーザーが目的を達成するのを助ける
  • 実践的 [ 売れる / 作れる ]
    • ビジネス、技術の要件に適応
  • エレガント [ 効率的/ 巧み / 感情に訴える]
    • 単純で完全な解
    • 統一的で理解しやすい

倫理的

  • インタラクティブな製品は何かを実行する
  • ユーザーのためだけでなく他人に対しても影響を及ぼす
害にならない
  • 人格に対する害 ( 侮辱/恥をかかせる )
  • 心理的害 ( 混乱 / 不安 /苛立ち / 退屈 )
  • 物理的な害 ( 物損 / 怪我 / 生命 )
  • 環境への害 ( 汚染 / 生態系 )
  • 社会への害 ( 搾取 / 不正義 )
人類の進歩に役立つ
  • 相互理解を深める
  • 作業効率を高める
  • コミュニケーションを円滑に
  • 社会的緊張の緩和
  • 経済、社会、法的な公平を保証
  • 社会的な結束を増しつつ, 文化的多様性を尊重

目的が明確なデザイン

この本の主なテーマ

  • PART1 のコールダイレクテッドプロセス
  • ペルソナ => ユーザーのゴール・限界を理解
  • インタビューでユーザの弱点や盲点がわかる

実践的なデザイン

  • ビジネス/ エンジニアリング/ デザイン 活発な議論 /信頼と尊敬

エレガント

  • 科学的正確さ、均整、単純さという意味も
  • 最小限
  • 統一性
    • ゴールディレクテッドはトップダウン
    • 製品コンセプトから精緻化
    • シナリオを使ってデザイン->テスト
  • 知覚や情緒を調和させて刺激
    • 好みもあるがユーザーの作業のコンテキストに合わせる

インタラクションデザインのパターン

デザインパターンとは

  • デザインの問題に対する一般化された模範解答
  • 類似の問題に適応できるデザインソリューションの一般化されたもの

デザインパターンの効用

建築のパターンとインタラクションデザイン

  • エンジニアリングパターンと異なり人間的な側面を重視する
  • インタラクションデザインはダイナミック

インタラクションデザインパターン

  • パターンライブラリ/パターンセット/パターン言語
    • 集めたソリューションを分類構成
  • パターンはレシピではない
    • 組み合わせてすぐに使えるわけではない
    • 問題ごとにパターンの実装は異なる
    • コンテキスト/ドメインに依存

インタラクションデザインパターンのレベル

  • ポスチュアパターン #9
    • コンセプトレベル
  • 構造パターン #7
    • 画面の基本要素 (ビュー・ペーン・要素のグループ化)
    • 情報の配置の問題を解決
    • 3ペインのビューとか / あまりドキュメントされていない
  • 振る舞いパターン (Part III)
  • パターンの脳内カタログを組み立てることが重要
  • 他のデザイナの仕事の良い部分を学べば提供できるデザインが進歩
  • 今までの仕事を活用して新しい問題の解決に専念